放生会の見世物小屋やお化け屋敷っていくら?ゲームの値段は?

おでかけ

今年の放生会はいつからいつまで?

福岡市東区の筥崎宮で1000年以上の歴史がある秋祭りです。

放生会と書いて、「ほうじょうや」と読みます。

この、筥崎宮・放生会供養祈願祭は、あらゆる生き物の霊を慰め、感謝の気持ちを捧げるとともに、さらなる商売繁盛、家内安全を祈る神事です。

 

2018年の放生会は、9月12日(水)〜9月18日(火)までの7日間です。

筥崎宮の表参道には、数百軒の露店が立ち並び、他では見られない見世物小屋やお化け屋敷なども軒を連ねます。

特に土日祝日の間は、たくさんの人が訪れ、昼間より夜の方が混雑する傾向にあります。

名物の見世物小屋やお化け屋敷は、夕方暗くなるころからの営業となりますので注意してくださいね!

 

↓のピンクのライン上に露店がたくさん並びます。

黄色部分あたりに見世物小屋やお化け屋敷などの、ゲームゾーンがあります。
その逆側にもイートインスペースのある露店がたくさんあります。

ピンクのライン上はとにかく人がたくさんでなかなか前へ進めませんが、黄色部分まで来れば多少はゆっくり歩けるようになります(^^;)

 

見世物小屋やお化け屋敷っていくら?

見世物小屋

見世物小屋は、大人700円、小人500円、幼児300円です。

見世物小屋の名物は、ヘビ女や野人や串刺しなどありますが、その時その時で少し内容も変わったりするようですね。

幼児を連れて入って行く人はなかなか見ませんが、小学生までは500円で見れます。中学生以上は大人料金だそうです。

 

お化け屋敷

お化け屋敷は、見世物小屋の隣にあります。

料金は、大人500円、小人300円です。

入り口でおじさんがマイクを使って呼び込みをしている奥で、キャーキャーとの叫び声が聞こえます….。

道順に沿って歩いていき、人が脅かすタイプのお化け屋敷なので、昔ながらのお化け屋敷という感じです。

カップルに人気のようですね!

 

ゆうゆうランド

その他、小さな子供が遊べるゆうゆうランドというゾーンもあります。

クマのトランポリン氷点下の世界レールの上をゆっくり走る新幹線など、1回300円の遊具があります。

クマのトランポリンは4歳以上となっています。

 

ゆうゆうランド内の遊具は、この赤いテントのチケット売り場で事前にチケットを購入するシステムです。

 

 

その他のゲームコーナー

他にも、ボウリングやアーチェリー、輪投げなどたくさんのゲーム露店がありますが、ほとんど1回300円で楽しめます。

 

昔ながらの型抜きや、うなぎすくいやカニすくいなどもありました。

 

鳩みくじ

放生会で有名な鳩みくじは、境内横にあります。

お詣りしてから買う人が多いので、時間によってはかなりの行列ができます。

夕方〜夜にかけては、断続的に行列ができるようで、この日も初日の19時前でしたが、100人くらいの行列ができていました。

5列くらいに分かれて並ぶので、それでも待つのは10分以内だったのでそれほど待つこともないかと思います。

 

1回300円でおみくじをひいて、おみくじにいろんな景品が記入してあるので、高額な景品に当たる運試しのおみくじです。

初日はなかなか当たらないようになっているのでしょうか・・・

いつもはお祭り終了間際に行っていて、当たりの鐘をよく聞いていましたが、今年は初日に行って一度も鐘の音を聞きませんでした(笑)

 

まとめ

やはり放生会は、昼より夜の方が楽しさ倍増です。

地元の子供たちもたくさん来ていますが、警察やパトロールの会の方もたくさんいるので、治安的には悪くはなさそうです。

箱崎地区は外国人が多く住んでいるイメージもありますが、お祭り内ではあまり見かけませんでしたね。

近くのパーキングはすぐに満車になるので、できるなら公共の交通機関を使って行くのがいいでしょう。
どうしても車じゃないと行けなかったら、地下鉄やJRの隣駅の駐車場に停めてから行くのもアリです。
特に地下鉄は、箱崎宮前駅を降りたらすぐお祭りに行けるのでオススメです!

 

コメント