乳児湿疹ができたら絶対にやってはいけないこと!我が家はこうやって治りました(画像あり)

赤ちゃんのこと

乳児湿疹を治そうとして失敗した体験談(画像あり)

生後一ヶ月の赤ちゃんの乳児湿疹の写真

我が家の赤ちゃんは、生後一ヶ月を迎えるころ、突然ほっぺたに赤い湿疹がポツポツと出現しました。

ちょうど一ヶ月検診があったので、産院に相談すると、
「お風呂のとき、石鹸でやさしく洗って保湿しながら清潔を保つとたいていは良くなるよ。ひどくなったらお医者さんに診せてね。」
と、言われ、そのようにしていました。

我が家は、産院指導のもと、出生後からずっと赤い牛乳石鹸を使用しており、2歳になった今もいまだに牛乳石鹸を使っています。
軽いあせもや虫さされなどはありますが、それから2年間は肌トラブルに見舞われたことはありません。

 

しかし、少しずつ悪化していく赤ちゃんを見て、不安になりネットで調べてみると、”保湿が重要!馬油がオススメ!”という記事がたくさん。
先輩ママに相談してみると、「うちも馬油塗ってたよー!」という言葉に促され、さっそく西○屋へ・・・

この判断が私のおおきな失敗となりました・・・

 

そもそも乳児湿疹ってなに!?
ブツブツがとっても痛そう・・・

 

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎はどう違う?

乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは、顔や身体や頭皮のいたるところに、生後2~3週間後から生後2ヶ月ごろの間に多くみられる湿疹のことを言います。

出生直後は、母親から胎内で受け継いだホルモンの影響が出やすく、新生児は皮膚分泌が盛んなため、赤ちゃんによってはちょっとしたニキビのようなプツプツが出る軽い症状から、顔だけにとどまらず耳や頭皮までブツブツが広がって、酷くなると膿がでたりカサブタができたりしてなかなか治らない場合もあり、産後のお母さんの悩みのひとつとしてあげられます。

カサブタやフケのようなものになると、乳児脂漏性湿疹と呼ばれ、沐浴時にふやかしながら少しずつとっていき、清潔を保つことがとても重要となります。

アトピー性皮膚炎との違いは?

乳児湿疹は、顔や頭皮、首のしわなどに出ることが多く、痒みを伴わない場合ことがほとんどです。
また、一度治療して改善すれば再発することはほとんどありません

 

一方アトピー性皮膚炎は、腕や足の関節、また首や顔などに多く見られ、酷い痒みを伴います
また、一度治療して改善してもまたすぐに再発してしまうことがあります

 

アトピーはアレルギーの一種なので、原因となるアレルゲンがあると考えられます。
乳児湿疹とアトピーの違いを見分けるのは非常に難しく、長期にわたって症状を診なければ判別できないことも多くあります。

また、アトピーは遺伝性があるので、両親ともにアトピーがある場合は、子供にも遺伝する傾向にありますが、片方の親のみアトピーがある場合、子供がどちらのDNAをベースにしているかで、遺伝したりしなかったりする場合があるようです。

 

乳児湿疹が驚くほどすぐに治った体験談

馬油を塗り続けた結果

まずは、馬油を塗って初日の画像がこちら↓

最初の写真からは5日が経過しています。
その間はなにもせず、産院に言われた通り、ひたすらお風呂で優しく洗い、清潔を保つ。を繰り返す。
新生児期は脂分が多いので、特に保湿剤は使っていませんでした・・・。←これも乳児湿疹を悪化させた原因のひとつかも?

そして、馬油2日目がこちら↓

はい。残念なことに、もう明らかに悪化しているのがわかります・・・。

しかし、先輩ママの助言もあり、一種の好転反応だろう!と、何故かプラスに考えてしまいそのまま様子を見ることに。

そして、馬油4日目↓↓

ギャーー!!!悪化している!!!

これは間違いなく悪化している。と、確信し、近くの小児科へ駆け込みました・・・。

 

小児科の先生に叱られる

案の定、小児科の先生には「もっと早く連れてきなさい!」と、お叱りのお言葉をいただき、お薬を処方していただきました。

処方されたのは以下の2つが一緒になった混合薬の塗り薬。

・リンデロンVGクリーム0.12%  2g + ベギンクリーム 4g の混合薬
「はじめは1日2回、症状が落ち着いたら1日1回。(実家へ里帰りだったため)あとは自宅近くの小児科か皮膚科に診せなさい。」
とのことでした。
こんなに酷くなるまで放置して、ダメな母親だなーっという気持ちと、これできっと良くなる!と安堵した気持ちが入り混じって、この日は大泣きしてしまいました。

産後うつもあったのかも。初めての赤ちゃんだと、ママも分からないことだらけで。

だからこそ、一人で抱えこむのは危険だなーと猛反省したのでありました。

ステロイド薬の効果は絶大
リンデロンVGのリンデロンVは、いわゆるステロイド薬です。

Gは、ゲンタマイシンという抗菌剤で、抗生物質の配合剤となります。

馬油をやめて、リンデロン2日目↓
若干ではありますが、ブツブツが減っているような感じ。
小児科の先生曰く、「痒がるようなしぐさは見せないので、乳児湿疹ならばこのまま症状が治まっていくだろう」とのこと。
とにかく祈る気持ちで薬を塗りました。
そして、リンデロン3日目↓
逆に驚くほどの治癒スピード!!

わずか3日でこんなに治るものなのか?と、別の不安がおそってきました。

「リンデロンVG・・・・もしかしたらものすごい強い薬なのかも・・・」

 

またまた不安になりセカンドオピニオンをすることに。

もう2日後に床上げして自宅へ帰宅することになっていたため、自宅近くの有名な皮膚科専門医を訪ね、じっくりと診ていただきました。

皮膚科のセカンドオピニオン
事前の口コミ通り、70近いベテランおじいちゃんは、虫眼鏡で幹部をじーーーーくり見た後、乳児湿疹がどういうものか、わたしと夫にアトピー性皮膚炎のアレルギーがあるかを確認して、今回の湿疹は乳児湿疹で間違いないだろうとの診断が下りました。
そして、やはり、リンデロンVGは生まれてすぐの赤ちゃんの顔に塗るには少し強すぎると言われました。

でも塗ってしまったものは仕方がない。

症状も軽くなっているので、もっと軽いステロイド薬に変更して、経過をみるようにとのこと。
とっても優しい先生で、看護士さんもベテランの方たちばっかりで、わたしがよほど不安そうな顔をしていたのか、励ましの言葉をたくさんいただいて、またまた涙目に・・・

受付から薬局でお薬もらうまでトータル3時間くらいかかりましたが、「行ってよかった!」と心底思いました。

有名皮膚科専門医で処方されたお薬はこちら

塗り方は1日1回のみ。

・ロコイドクリーム0.1% + ヒルドイドソフト軟膏0.3%の混合薬 
・リドメックスコーワローション0.3% ←これは頭皮用
ステロイド薬で、ほとんど完治!

リンデロン→ロコイドを塗り続けること約10日。

10日後の写真がこちら↓
たった10日前のブツブツが嘘のようになくなりました。
ブツブツの最後の1つがなくなるまでロコイドは続け、その後様子見していましたが、それから再発することなくきれいになってホッとしました。
皮膚科専門医のおじいちゃん先生の言うとおり、その後は市販の保湿クリームを塗って保湿するように言われたので、わたしなりにいろいろ調べてから、オーガニックのヴェレダのカレンドラベビーミルクローション使っています。

乳児湿疹で学んだこと

今回の乳児湿疹で、自己判断で馬油を塗ったり(馬油が絶対ダメというわけではありません!体質や悪化具合にもよると思います)、すぐに病院へ連れて行かなかったことを反省しました。。

赤ちゃんの肌は大人の肌と違って、とても繊細なもの・・・
頭ではわかっていたのに、「どうにかしなきゃ!」と気持ちが焦っていました。

赤ちゃんを大変な目にあわせてしまったけれど、まだ育児はこれから!というときに身をもって体験できたので、今後は体調が悪くても自己判断せずにとりあえず病院へ連れて行こうと思います。

市販薬もいろんなものがありますし、ステロイドに対して敬遠されるという方もいるかもしれません。

でも、ステロイドも正しく使えば、すぐに効果が期待できる場合もあるので、怖がらずに使用してみてもいいと思います。

どうしても不安だったらセカンドオピニオンをお勧めします。

3歳以下は、医療費が無料の自治体がほとんどだと思うので、悩んだらまず小児科に連れていってあげてくださいね(^_^)

コメント